715 :名無しさん@HOME:2005/12/13(火) 18:19:12
兄が毒男だったこと

モテなくてまいった
本人に結婚願望が人一倍あったから余計にまいった

兄改造計画実行して
結婚したから今は安泰

716 :名無しさん@HOME:2005/12/15(木) 06:42:28
叔母がよくフランスに旅行に行くなぁ、と思っていたら、田舎のお城を一つ
購入してたらしい。



717 :名無しさん@HOME:2005/12/15(木) 22:43:19
自分が避妊に失敗して生まれた子どもだったこと。

なんて書くといかにも悲惨そうな話しだけど、
母親は身体が滅茶苦茶弱いんで、
「よく子ども作る気になったな」と常々疑問に思ってたから、
すんなり納得した。
医者に堕ろせと言われたのに頑張って生んだんだそうだ。
生んでくれてありがとう。

718 :名無しさん@HOME:2005/12/16(金) 01:55:17
こういう話聞くと、昔ってぼこぼこ子供が出来てたんだな、と思う。
体弱くても、経済的に余裕無くても、病気でも、子供簡単に出来ちゃう。
で、兄弟いっぱい。
昔のほうが、皆健康的だったのかなぁ。
それとも、ただ単にセクスレスが存在しなかったとか?
ま、今でも、たばこいっぱい吸って、薬とかやってる人の方が、子沢山だよね。


719 :名無しさん@HOME:2005/12/16(金) 02:21:10
>>718
変な解釈するね。
避妊が確立されていなかった(今ほど確実じゃない)とか
子供を産まない嫁はいらないという考えの下で
産まざるを得ない人が多かったとかの理由でしょう。

720 :名無しさん@HOME:2005/12/16(金) 09:58:50
昔は逃れられないものとして
男は兵隊
女は出産
と言ったもんだ。
戦争終わって兵隊がなくなって
出産が残った時代だったからなぁ

721 :エドモンド ◆D2R1ssx/uo :2005/12/16(金) 10:23:56
ひまでそれしかやることないからでしょ

722 :名無しさん@HOME:2005/12/16(金) 11:21:07
>医者に堕ろせと言われたのに
と、よく聞くけれど、医者がそんなことホイホイ言うかなぁ?
帝王切開直後(一年未満)の出産でも止められたという話は聞いたことない。
ヤク中とか、ガンに罹ったとか梅毒とかならあるかもしらんが。
それとも現代と母親世代以前では医療技術の差があって簡単に堕胎を
勧める方向だったのかなぁ?

723 :名無しさん@HOME:2005/12/16(金) 11:33:40
>>722
本当に言うよ。
昭和50年まで、子殺し、間引きは新聞にのってたくらいだからね。
産婆の仕事の一つが、生まれた子が泣く前に窒息死させることだし。
今60才以上の産婦人科医で、現代医療の勉強を怠っている人は抵抗なく言う。

724 :名無しさん@HOME:2005/12/16(金) 12:13:18
ギョエッ コワイ。
60歳以上の産婆には近寄らないことにします。

725 :名無しさん@HOME:2005/12/16(金) 12:37:49
病死だと思っていた母親が自殺だった事。
しかもそれを回り回って旦那の口から聞かされた事。






凹む・・。

726 :名無しさん@HOME:2005/12/16(金) 14:31:02
>>725
鬱病とかだと自殺するよ。
本当に病気だったのかも。

727 :名無しさん@HOME:2005/12/16(金) 15:10:40
>>725
私のいとこは、小学生の時自分の母親の自殺(首つり)の第一発見者だった。
ありえない。

728 :名無しさん@HOME:2005/12/16(金) 15:48:16
>>722
腎臓や心臓の具合がよろしくない人は言われると思う。
下手すると妊娠そのものに耐えれなくなって、
母子共にあぼんの可能性が高くなるから。

729 :名無しさん@HOME:2005/12/16(金) 22:01:06
糖尿病がひどい人とかも堕胎を進められる場合はあるみたいだよ。
妊娠中毒症になるリスクも高いし母体が耐えられないらしい。そうとうひどい場合だと思うけど。




● 大人になってから知った家族の秘密 5●
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/live/1097510699/