既婚百科~まとめ~

既婚男性板 家庭板 不倫・浮気板などをまとめています 失恋や出会いなどもまとめてみます

  • HOME
  • ABOUT
  •                            
  • Facebook
  • Twitter
  • RSS
既婚男性 家庭 不倫・浮気などをまとめています 失恋や出会いなどもまとめてみます

DV・ストーカー

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

26 :恋人は名無しさん(1/2):2009/05/25(月) 16:46:08 ID:j2686omu0
厄払いの意味で投下させてください。

彼に言い寄ってストーカーっぽくなっていた女とのバトル…っぽい話。
どこかから私の携帯番号をゲットして、突然夜中の1時過ぎにかけてきた。
私は私でA子がうざくて仕方が無かったので闘志がメラメラ…だと思ったんだけど…。
お決まりだけど「彼君と別れてください」「私のほうが彼君の事を好きです」、
「○年も付き合ったんだから、もういいじゃないですか」「(私)さんばかりずるい」
で、私はといえば「ふーん」とか「はぁ」とか「うん、それで?」とか気の無い返事。
多分A子は私が取り乱してくれるのを期待していたんだろうと思う。
だけど私は何とも思わなかったし、こういうことを言ってくるやつって本当にいるんだなとか考えていた。
私はぜんぜんA子の期待通りに動揺しないし…とそのうちA子が言ってきたのが…
A子「A子、彼君とHしたんですよ」
凄く得意そうな声で、マンガとかなら「フフン」とか擬音がつきそうな感じというのかな…。
でも、それに対してもあんまり動じなかった私。
私「へ~、それで?」
A子「え?だから…」
私「だから?Hしたから何?」
A子「え、え…いや、だから…Hしたから…」
私「うん、別にいいんじゃない?」
A子「…うそです…してません…」
私「うん、わかってる」
A子「…」
その後かなりふじこってたけど、もう眠くてたまらなかった私はPCのメールから彼に連絡。
電話自体は結局3時間近く付き合った気がする。大半が無言だったけど。



【彼に言い寄ってストーカーっぽくなっていた女とのバトル…っぽい話。】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
716 :恋人は名無しさん:2009/05/23(土) 10:39:53 ID:/thRY8ea0
10年近く前の出来事を投下。

ツタヤとか、そんな感じのお店でバイトをしていた私。
その頃、付き合っている彼にストーカー紛いのA子が粘着していた。
A子と私は直接の面識もないし私はA子の事を全く知らなかった。
ただ、高校が同じで一応後輩だったらしいA子は私の事を根掘り葉掘り調べる。
そうして、私のバイト先に訪れたA子は私を見つけ私の背後に立ち彼にその場でメール。

『今、彼女さんが目の前にいるよ。A子カッターを持ってるんだけど…』

まあ何も無かったし、彼もブチ切れたらしいし、何事も無く終わった出来事でした。
A子とは色々な修羅場を展開してバトル期間3年。
全てが終わってから聞かされた話だったけど鳥肌が立ちました…。


【ツタヤとか、そんな感じのお店でバイトをしていた私。その頃、付き合っている彼にストーカー紛いのA子が粘着していた。】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

11 :1/5:2009/05/13(水) 22:10:28 ID:4QdyIYrSO
友人にストーカーされた修羅場

私 24歳女 会社員
彼 28歳男 会社員
友田 25歳男 私の短大時代の友人で、大学院生

私と友田は大学(私=短大、友田=四大)のサークルで知り合う。
趣味(ゲーム)が合い、メールしたりサークルの飲み会で語り合ったりできる、ちょっとオタクだが良い友人だった。
しかし、私が短大卒業してからはメールの最後には必ず「彼氏はできたのか」と聞く一文が入るようになり、
「できていない」と答えると聞いてもいない自分のモテた自慢を長文で返し、
上から目線で彼氏を作った方がいいと説教してきてうざさを感じてた。
(彼氏いない歴=年齢だったのでひがみ半分で)

24歳で転職をきっかけに周りが見えるようになった私は、前の会社でとてもお世話になった男性への恋心を自覚する。
男性も私より先に転職をしていたため、なんとかツテをたどり連絡→デートを重ね告白→OKをもらい、生まれて初めての彼氏ができる。
ここまでが前提。



【私と友田は大学(私=短大、友田=四大)のサークルで知り合う。趣味(ゲーム)が合い……】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
431 :名無しさん@HOME:2007/03/29(木) 12:07:03
私の場合は同棲相手だったけど、別れ話のもつれでDVになっちゃって
もう殺されさえしなければ、の一心で、お金まで払って別れちゃったよ。
部屋を借りて出て行くお金が無いからその分払わないと別れない、とか言われてさ。
賃貸で名義も私だったし、今考えれば全くそんなお金払う必要はなかったんだけど、
渦中にいると思考回路もぶっ壊されるんだよね。そこらへんよくわかる。
当時はネットなかったからロミオメールならぬロミオコール(電話)だったけど
「おまえは必ず俺のところに戻ってくる」みたいなこと散々言われたなー。

こいつがかなりのエネ、というよりマザコン(エネ予備軍?)で、
付き合ってる頃から毎月の両親との会食に同席させられてた。
入籍してないものの、結婚してるみたいだった。あの頃ネットがあったらなぁ・・・。
初めて付き合った相手だったし、比較ができなかったんだよね、そんな状況を。


【私の場合は同棲相手だったけど、別れ話のもつれでDVになっちゃって……】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

841 :恋人は名無しさん:2009/02/26(木) 19:03:17 ID:bCLruO6x0
自分が悪いのは承知なんだけど、本当に酷い目にあった。二年前。
ちょうどDVとかそういう言葉が有名になったころ。

彼氏以外の男の人がうちに転がり込んできて、家賃から光熱費からすべて払ってくれた。
私はお金を払ってくれたのと、彼からの求愛が心地よくて彼に乗り換えようと思った。
自分がもてたと勘違いして調子に乗ってしまった。馬鹿だと思う。
その男は最低のDV男で、私のケータイのアドレスをすべて消したり、私の
会社に電話して私を辞めさせようとした。
反発したらサンドバッグみたいに殴られ、試合に負けたボクサーみたいな顔になった。
左の鼓膜が破れ(パンチは左にくるので)、奥歯が折れたりした。
半分死にながら彼氏に連絡して助けてもらった。
助かって本当によかった……もう浮気は絶対しないし、できるだけ大人しく
生きていこうと決めている。


【自分が悪いのは承知なんだけど、本当に酷い目にあった。二年前。】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

894 :恋人は名無しさん:2009/02/06(金) 01:13:11 ID:9jrHlQyAO
長くなりますが投下します。

私子…食品会社の事務員
彼男…隣町の会社員
Aさん…事務所リーダーの主婦
Bさん…事務員、同じく主婦
常務…社長夫人
Cさん…配送の43歳既婚男性

修羅場というか体験した怖かった話なんですが。
当時勤めていた田舎の食品会社の時の話です。
会社では私は唯一二十代の未婚女性だったので、こんな地味喪なのに声をかけてくる人は多かった。
しかし彼氏がいたのでお断りしていたのですが、一人だけどうしてもしつこい人が。
配送のCさんは一人になると必ずメールアドレスを聞いてきたり、仕事終わったら駐車場で待ってたり。
早出がある日には時間合わせて一人で事務所にいる所を付きまとわれてました。



【会社では私は唯一二十代の未婚女性だったので、こんな地味喪なのに声をかけてくる人は多かった。】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

841 :恋人は名無しさん:2008/12/10(水) 19:37:32 ID:Czna9XxW0
流れを切って私の体験談をば

私 高3
A太 私の元彼、高3
Oさん 父と母の共通の友人、40代前半、独身

当時高3だった私は、希望の大学が自分の成績よりも上だったため、
毎日死ぬ気で勉強していた。
父と母もそれを応援していてくれてたのだが、A太は受験勉強でなかなか会えないことに不満を持ってたようだ。
塾でメールが返せないと20件も30件もメールを送り続けたりという粘着行動に出ていた。
A太は学校推薦で地元の大学が決まっており、私には第一希望に落ちてもらって何とか同じ大学に行ってもらいたいようだった。
段々とそんなA太が怖くなり、私は別れを告げたのだが当然ストーカー化。
学校や塾の行き帰りに待ち伏せされたり、着信拒否をしても着信履歴を何十件も残したりと身の危険を感じるようになっていた。
怖くなった私は親に相談。
学校や塾へは完全送迎、携帯も番号を変えた。
両親は共働きだったため、どうしても残業で迎えにこれないときなどは、両親の友人のOさんが迎えに来てくれたりした。
Oさんは私が赤ちゃんの頃から遊んでもらっていたこともあり、両親も安心して任せたようだ。


【当時高3だった私は、希望の大学が自分の成績よりも上だったため、毎日死ぬ気で勉強していた。】の続きを読む
アクセスランキング

このページのトップヘ