既婚百科~まとめ~

既婚男性板 家庭板 不倫・浮気板などをまとめています 失恋や出会いなどもまとめてみます

  • HOME
  • ABOUT
  •                            
  • Facebook
  • Twitter
  • RSS
既婚男性 家庭 不倫・浮気などをまとめています 失恋や出会いなどもまとめてみます

因果応報・自業自得

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

698 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 23:09:57 ID:EOYV4n5J0
社長夫妻が好き勝手やっている零細企業に勤めている。
ほんの1年前まで会社の業績は絶好調だった。社長も天狗に
なっていて、あちこちに自社の好調ぶりを吹聴しまくり、また、
以前から社長が一方的に敵愾心を燃やしていたウチよりずっと
規模の大きい同業他社Kが傾きかけていることをせせら笑い、
あそこはあと1年持たないんじゃないかな? なんて社外の人
にまで言っていた。
好調の原動力・稼ぎ頭のAさんと私は、そんな社長をみながら、
「この傲岸不遜な社長夫妻にはいつか天罰が下るぞ」
なんて苦々しく語り合っていたんだ。


【社長夫妻が好き勝手やっている零細企業に勤めている。ほんの1年前まで会社の業績は絶好調だった……】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
115 :恋人は名無しさん:2009/02/09(月) 16:02:47 ID:yhtbh0cG0
以前、強烈なバカ男に遭遇したので投下

俺とE子は、お互い26歳。
付き合って5年、婚約して1年でそろそろ結婚という頃だった。
ある日、E子から唐突に別れたいと言われ、理由の見当がつかなかった俺は訳を尋ねたが、俺の事が好きじゃなくなったとしか答えなかった。

もちろん、はいそうですか となるわけもなく、何度も話し合いをしたんだが、E子の気持ちは変わらず、向こうの両親にも状況を話し揉めに揉めたが、
最後まで両親の説得も効かず、結局E子が慰謝料を払う形で婚約解消する事になった。

その頃すでに俺の家に同棲していたので、昼の間に俺がE子の荷物をまとめて、E子両親が取りに来る手筈だったんだが、整理中にふと電話がかかってきた。
それは知らない男からの電話で、S山と名乗るその男は、E子の彼氏だと言い出した。

俺もE子から別れを切り出された時に、他の男の存在を疑わなかったわけでもなかったので、俺、E子両親共々その辺は追及したんだが、E子は否定。
証拠も出ずで結局うやむやのままだったし、E子両親は、そこまで言うなら浮気ではなく、単純に2人の問題だったのではと結論付けていた。

そんな中のS山からの電話。
とりあえず、本当に浮気相手なのか知るためにも逃げられてはかなわんと思い、聞き役に徹した。



【俺とE子は、お互い26歳。付き合って5年、婚約して1年でそろそろ結婚という頃だった……】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

721 :名無しさんといつまでも一緒:2005/05/28(土) 08:31:36 O
毒です。不倫は1年3ヵ月でした。鬼彼は浮気相手はわたしじゃなくてもいいと今年から言い続け、わたしがそれでもいいと言いつづいてきました。私の親も介入して別れさせられて奥から100万慰謝料請求をされました。夫婦関係は破綻していません。この金額は妥当でしょうか?

722 :名無しさんといつまでも一緒:2005/05/28(土) 12:39:26 0
>>721
破綻していないとどうしてわかるの?
離婚=破綻でもないよ、別居や、奥が一時的に実家などに帰ったり
鬱症状などが出ても破綻の原因になっているとみなされるわけだが。

723 :名無しさんといつまでも一緒:2005/05/28(土) 12:42:46 0
>721
100万なら安いでしょう、言い値で払ってあげてください。

724 :名無しさんといつまでも一緒:2005/05/28(土) 13:55:43 O
722 721です。破綻していないとわかるのはまだ彼と続いていて話を聞いているからです。弁護士にも100万は妥当と言われました。50万くらいだと思っていたもので。。奥は彼に相談して200万が100万になったそうです。その結託ぶりは録音してあっても証拠にならないでしょうか?


【毒です。不倫は1年3ヵ月でした。鬼彼は浮気相手はわたしじゃなくてもいいと今年から言い続け……】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

914 :名無しさんといつまでも一緒:2007/09/26(水) 18:54:30 0
そういえば、うちの元旦那とプリは

元旦那「プリに払う慰謝料(!?)についても覚悟してください」とか
ワケのわかからないことを言ってた。
プリは同じ会社だから既婚を隠したわけでないし、既婚者。

プリ「別れてくださいってお願いするのが常識で、慰謝料請求は非常識」
↑裁判で言った。天晴れです。

2人で、私が「別れてください」と泣きつく→手切れ金ゲット!みたいな
夢を見ていたようで。法律知らないというか知りたくないだけなんだよね。
自分に都合の悪いことは。



【うちの元旦那とプリは「プリに払う慰謝料(!?)についても覚悟してください」とかワケのわかからないことを言ってた。】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

628 :本当にあった怖い名無し:2008/08/09(土) 23:10:45 ID:9mZd7b0y0
因果応報があるとか無いとかたまにループしてるけど悪いことした人には天からの罰が下るって認識なの?
悪事をする人はその行いの結果から身を滅ぼすって意味だと思うんだけど。
あいつが死んだとかそういうのは、人は誰でも死ぬし因果応報ではない気がす。

自分を不幸に陥れた人間がいつまでたっても不幸にならない!
因果応報なんて無い!って人の不幸を願ってる人達は、苦しいんじゃない?それが因果応報。
幸せになるには幸せになるような生き方しなきゃいけない。

不幸体質の人って、いついかなるどんなときもその時できる選択の中で、自分が不幸になる選択しかしない。
周りからしたら当たり前の結果なのに、なんで不幸になるの?とか言ってる。そしてそういう人に限って人の話を聞かない。
全部が全部じゃないけどね。

ちなみに自分の因果応報は、10代のころ母を捨てたこと。今なら生活が安定し、
一緒に暮らしたいとはつゆにも思わないが、話くらいしても良いと思う。
でも、連絡をとる手段がない。多分、母が死ぬまで二度と会えないだろうと思う。
自分で選んだ道だから受け入れてはいるけど、死ぬ前に一度くらいは話をしたい。
もう10年も経ったから、今だったらもう少しましな話ができるんじゃないかと思う。



【因果応報があるとか無いとかたまにループしてるけど悪いことした人には天からの罰が下るって認識なの?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
184 :名無しさんといつまでも一緒:2009/09/02(水) 15:26:32 0
離婚関係の裁判傍聴にいったことがあるけど、面白いよ~
お互いの欠点や不誠実を列挙しあってのせめぎ合い
こいつらどっちも間違いなく人間不信になるだろうと思ったよ
自分も批判的な目で観察されると、こんなにもボロクソに評価されるんだろうかと考えたら相当怖かった
裁判にもってくなら、相当な覚悟と精神力を準備しておかないと、勝ちはしても目に見えない大きなダメージを受けちゃうと思った

185 :名無しさんといつまでも一緒:2009/09/02(水) 15:31:15 0
>>184
そこが醍醐味だと思うけどw
プリがいかに糞みたいな女で尻軽なのか晒すには丁度いい

186 :名無しさんといつまでも一緒:2009/09/02(水) 15:32:53 0
だからプリは裁判をせずに言い値で慰謝料払うんだね



【私も旦那の不倫相手に話をしたら「遊びだよ、なにまじになってんの?」みたいなこと言われたことがある……】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

784 :本当にあった怖い名無し:2008/08/21(木) 14:06:38 ID:XXFUkwD00
うちの家系の総本家のひいじいちゃんの話なんだが、
別に因果応報と関係ないかもしれない。
少しだけ長文になるので、嫌な人は脳内スルーしてください。

ひいじいちゃんは昔はかなり苦しい生活をしていて、
苦しかった時代に、人と人が助け合わなければならないのだが、
まわりの人は一切助けてくれなかった。
自分の事で精一杯の時代だから仕方ないのかもしれないけどね。
誰も手を貸してくれないなら、自分で地位を築きあげるしかない・・。


【ひいじいちゃんは昔はかなり苦しい生活をしていて、苦しかった時代に、人と人が助け合わなければならないのだが……】の続きを読む
アクセスランキング

このページのトップヘ