既婚百科~まとめ~

既婚男性板 家庭板 不倫・浮気板などをまとめています 失恋や出会いなどもまとめてみます

  • HOME
  • ABOUT
  •                            
  • Facebook
  • Twitter
  • RSS
既婚男性 家庭 不倫・浮気などをまとめています 失恋や出会いなどもまとめてみます

いい話・キモい話

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/15(月) 19:12:51
面白いスレ見つけた。

おいらはの家系は軍人家族。
曾祖父さんと、爺さんは、wikiにものってる。
もちろん親父も、兄貴も防衛省勤務。

おいらは、ただの自営業。
なぜか、おいらの嫁もワック上がり。

おーい。革靴水で洗うなよー。
なんでシーツをそんなに向きになって、しわを伸ばすんだよー。
朝は、眠いんだよー。走れないよー。
なんで、いつもワンプレートのご飯なんだよ。
友達と挨拶の時は、指の先まで力を入れてなくていいよ。
君が代の時、直立不動にならなくていいよ。
そのみせは、ピーコック。pxじゃないよ。
娑婆の男は、軟弱だな。とかいうな。
おいおい、お前はどこから来たんだよ。

はあ。夕飯毎日5時半なんだぜ・・・・

【おいらの家系は軍人家族。 もちろん親父も、兄貴も防衛省勤務。 おいらは、ただの自営業だけど嫁は・・・】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
207 :名無し@話し合い中:2006/10/09(月) 10:35:59
昨日はお定まりの地区運動会、2人3脚を夫婦で出ることになった。
リレーの町内対抗戦、
妻「どきどきする。」
俺「大丈夫だよ、走っているとき頑張れるおまじないを唱えるから。」
前の走者ペアからタッチして俺達の番

走り出して
俺「愛してるぞ**(妻の名前)
妻ポカーンとして間もなく 俺のわき腹にエルボーが入った。
妻「こんな時になに言ってるの!このバカ!!」
俺が多少息苦しくなったのは、走ったためだけではないらしい。


【昨日は地区運動会、夫婦で二人三脚に出ることになって走っている時に「愛してる」と言ってみた。追記有】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/25(木) 23:31:40
保守がてらにカキコ
嫁と知り合ったきっかけが
専門学校で上京した時にアパートのお隣りさんだった事

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/25(木) 23:54:18
そして?
肉じゃが作りすぎちゃったんで~とか?

109 :105:2010/02/26(金) 10:50:35
少し書かせてもらいますわ

7年前、俺は専門学校にいく為上京
一人暮らしにwktkしながらアパートへ
大家さんに挨拶を済ませ、部屋の鍵を貰う
大家さん「あ、そうそう、今日君のお隣りさんも来るんだ。しかも女の子だよ、間違い起こすなよw」
念を押されるもニヤニヤと何か期待していそうな笑みの大家さん
俺はそんなことはありませんと言って自分の部屋へ行く
部屋に入るも折り畳み式の机とテレビだけしかなく
他に必要なものはこっちで調達する事になっていたので
部屋にいても殺風景で退屈
少しアパートの周りを偵察がてらに散歩へと出かけた
1時間程ブラブラ歩いて帰ってみると隣りに人の気配
程なくして俺の部屋の呼び鈴が鳴り
出てみると小柄のかわいい女の子が立っていた


 
【7年前、専門学校にいく為上京。大家さんに「今日君のお隣りさんも来るんだ。しかも女の子だよ、間違い起こすなよw」と言われていて・・・】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/29(火) 09:37:58
いまから携帯凸する。

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/29(火) 09:41:09
頑張れ!

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/29(火) 10:02:56
結果報告。
まず修羅場要素は無し。
なので、ここからは暇なヤシだけドゾー。

スペック

【俺】28 足臭い 超激務

【嫁】21 最近、メシマズからメシウマへ華麗なる転身。小柄。ツン比率高めのツンデレート。


嫁は買い物時も携帯を所持しないことが多いので、大概見放題なのだが、このスレを見るまで携帯を見る発想がなかったwww
俺ヘタな嫁貰ってたらサレ夫で涙目確定w


んで、比率からいうと…


友達とのメール>>>俺とのメールって感じに。


友達とのメール大杉ワロタw
内容にもっとワロタw

【俺の嫁最近までメシマズ嫁だったんだけど、どういうわけかメシウマ嫁に華麗なる転身を遂げた。】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
74 :可愛い奥様:04/08/17 08:42 ID:hDf0JZGO
20の時、猛烈に口説かれ付き合った男。
それまでも付き合った人はいたけど、超奥手だった私は未だ処女だった。
別に結婚まではダメとか思っていたわけではないので、
この男と付きあったとき「高校生の時は補導されるからとかいろんな理由つけて断われたけど
(どんな理由だよ)さすがにもう断わる理由も思いつかないな」と思い、
はじめてセクースをした。
別に痛くもなかったし、「こんなもんか・・・」と思ってたら
男は「感動した?なあ感動した?俺初めて処女の子と出来て感動した!」と大騒ぎ。
てめー、感動した理由がそこかよ・・・。
しかもその直後、いきなり私の口にモノをぶちこんでフェラ強要。
「できないよ」というと「そうだよね、だってはじめてだもんね!
あはは、そうだーよーねー」と
変な節までつけて浮かれる始末。

その後もセクースのたびに
「俺今まで処女の子とつきあったことないから超新鮮」だとか
「こんなこともしたことないんだもんね、アハハ、嬉しいな」とかいいながら
変な体位を試そうとしたりバカ丸だし。
拒むと余計に喜ぶのでたち悪い。
「いつかこんなバカ振ってやる…」と心に誓ってたのに、
ある日突然奴に振られた。
理由が「セクース重ねて慣れちゃった感じがしてきたから」。
オイ!やったのおめーだろ!
未だに悔しくて仕方ない。

しかもそいつと別れた数ヶ月後に今の夫とであったので、
どうせなら今の夫と初めてすればよかった…と後悔している。

77 :可愛い奥様:04/08/17 10:11 ID:HoJ2+w72
>>74
最後の二行でちょっぴり切なくなった


【20の時、猛烈に口説かれ付き合った男。超奥手だった私は未だ処女だったのだけど・・・】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
【集え】妻に「愛してる」と言ってみるスレフォ~!【勇者】
128 :素敵な旦那様:2006/03/27(月) 14:31:08
奥さんに愛してるを言いました。
結婚して二年。奥さんは小学校の給食のおばちゃん(まだお姉さんか?)を臨時
でやっている。
俺はしがないサラリーマン。
奥さんこの四月から臨時から本採用の給食のおばちゃんになる。
そのお祝いをかねてちょっとしたものと愛してるをプレゼントしました。
メッセージカードとハンカチを用意し、カードには「おめでとう。」とかたわいも
ないことをかいた。

【臨時から本採用の給食のおばちゃんになる奥さんにそのお祝いをかねてちょっとしたものと愛してるをプレゼントしました。】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
【集え】妻に「愛してる」と言ってみるスレ11【勇者】
457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/20(月) 09:02:26
みんな、おはよう
実はそこそこ前からROMっていて
そういえば面と向かってちゃんと愛してると伝えた事は数えるほどというか
もしかしたら、無いかも知れず、言いたいなと思ったんだけどね
自覚できるほどに小心者で照れ屋でアガリやすくてね、プロポーズも現嫁にかなり待ってもらっても
『自分なんかじゃ嫌だったりしたりしますかも知れませんが、結婚して下さったりなんかして下さい』
正確に覚えてないが、こんな感じにカミまくり+テンパりまくり
嫁の方は頻繁にではないがちゃんと言ってくれるし、小心者な自分のために自分が欲しい物や行きたい所等を言いやすい用に誘導してくれる
こんな自分も嫌だし、嫁にいつか飽きられたらと思うと怖いです、ので
男として夫として、少しでも変われるように愛してるをキッカケにしようと思います
長くなっちゃいましたが、今日必ず言ってみます!

458 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/20(月) 09:05:18
小心さが伝わってくる長さだなw
まあ、とにかくがんがれ


【自覚できるほどに小心者で照れ屋で面と向かって嫁に「愛してる」と伝えたことがないから・・・】の続きを読む
アクセスランキング

このページのトップヘ