既婚百科~まとめ~

既婚男性板 家庭板 不倫・浮気板などをまとめています 失恋や出会いなどもまとめてみます

  • HOME
  • ABOUT
  •                            
  • Facebook
  • Twitter
  • RSS
既婚男性 家庭 不倫・浮気などをまとめています 失恋や出会いなどもまとめてみます

不幸な結婚式

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


790 :愛と死の名無しさん:2006/02/25(土) 00:34:06
もう二十年位前の話だから書けるんだけど

私の母の妹(叔母)が結婚する直前に祖父(母にとっては父親)が自殺した。
叔母の結婚式、新婦親族席は私たち家族と叔母の母親、伯父家族出席のみだった。

母の兄弟は母、弟、妹、妹、弟、妹。で結婚したのが一番下の妹。
母とは親子位年が離れている。
祖父が自殺した理由、小学生だった私は全く知らなく、親戚のおじさん達が
少なくて何でだろうと不思議だった。田舎なので親戚、近所は沢山くるのに
近所の人達も全く居なかった。

新婦である叔母は、すっごい年下のプロスポーツ選手と付き合っていた。
が、相手は結婚する意思がなく、叔母はお見合いをした。叔母本人が頼んだ
お見合い。で、結納をし、挙式の日取りも決まり衣装や新居を決め、当日を
待つばかりになった時、叔母が「やっぱり好きでもない人と結婚は出来ない」
と言い出し、全てを投げ出してそのスポーツ選手の所に行ってしまった。

後始末は両親の仕事となった。
私の母も手伝った様だが、その事で父親(私にとっては祖父)が兎に角責められ
お見合いを仲介した親族から酷い仕打ちを受けたらしい。
で、その親族は近所に住んでいたので、村八分状態にまで発展。田舎なので
閉鎖社会って感じだけど、風当たりの強さは半端じゃなかった様。



【私の母の妹(叔母)が結婚する直前に祖父(母にとっては父親)が自殺した。】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


768 :愛と死の名無しさん:2006/02/24(金) 22:13:15
携帯からスマソ。職場の先輩(33)がケコーンした。

その先輩がスゴイ人で、仕事でミスって上司から注意されると逆ギレ→ソッコー帰る&次の日休む→ママンに報告→ママンがキレて職場に来て部署の人間全員に説教する…ということも少なくない。

残業で遅くなると何故か彼女の夕食の買い物に付き合わされる→断ると逆ギレ→「○○ちゃんが私をイジメル!」と上司に報告…等も、よくある。

30過ぎてもジャニーズとキティLoveで面長の恐竜そっくりな彼女は、気が弱い後輩に強引に合コンを開催させ(もちろん段取りは全部その後輩。)何がよかったのか不明だが彼氏ゲット→ケコーン。

続く





【職場の先輩(33)がケコーンした。その先輩がスゴイ人で、仕事でミスって上司から注意されると逆ギレ→ソッコー帰る&次の日休む……】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

750 :愛と死の名無しさん:2006/02/24(金) 10:23:45
先に結婚した友人を真似したが、不十分でプチ不幸だった式。

先に結婚した友人Aは、料理の美味しさ・会場全体の季節感・お色直しでの意外性なんかを
結構気にして準備してた。特別変わったことをしたわけじゃないけど、
過ごしやすいし、料理も美味しいし、友人も綺麗だし、落ち着いたいい式だった。
仲間内5人で参列したけど、誰からも不満らしきことが出ない式だった。

さて、3ヵ月後のBの式。Aにあやかって・・・と言うか、一生懸命まねているのが丸わかり。
3ヶ月違えば季節が違うのにメインの花が一緒、ドレスの雰囲気も一緒、
お色直しのパターン(髪型・ヘッドドレス・ブーケ)も一緒。
しかも、あまり似合ってない・・・似合うの着れば、結構綺麗目な子なのに。
なぜか料理だけは美味しくなかった。

帰り道、やはり話題に出てた。
いい式にしたくて真似したい気持ちはわかるけど、あまりに露骨だと、
いい印象を与えないんだなーと思った出来事。


【先に結婚した友人Aは、料理の美味しさ・会場全体の季節感・お色直しでの意外性なんかを結構気にして準備してた。】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

449 :1/2:2009/03/21(土) 13:44:43 ID:GR73U+SgO
修羅場に巻き込まれた話ですが、激しい修羅場はないです。

私はある神社で巫女をしています。
巫女の仕事の一つとして神前式を手伝ったりします。
数年前、式で新郎様が三々九度の時や新婦様のお手伝いをしていた時にやたら私をジロジロ見てくるので『そんなに珍しいのかな?』と思いながら式を終えました。

その後控室で新婦様の金切り声が聞こえて慌てて控室に行くと新婦様が泣きながら新郎を叩いていました。
そして私を見て新婦様が「あんたがぁ~!!あんたがぁ~!!」と叫びながら近づいて来られたのですが親族の方が止めて下さいました。
すると新郎が「○○(新婦)!本当にごめん!!僕はあの人と結婚するんだ!!」と私を指差しながら言いました。

新郎はもちろんその日初めて会いました。そして形式の会話はしましたがそれ以外一言も話していません。
なぜ私と結婚する事になるのかさっぱりです。


【数年前、式で新郎様が三々九度の時や新婦様のお手伝いをしていた時に……】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote



691 :1/2:2006/02/23(木) 14:51:50
去年の話なんだが、不幸というか悲惨な披露宴があった。
サムい演出もなく、内容はよかったんだが、新婦の甥(5歳くらい)が1人でぶち壊しにした。
(ちなみに俺は新郎側の客)

そのガキの母親、つまり新婦の姉夫婦が、いかにもヤンキーあがりって感じで、
姉は、新婦の年齢と兄弟構成から見て30は過ぎているだろうに、
いつの時代やという感じのキラキラメイクに、頭のてっぺんで噴水みたいにまとめた髪。
その夫は、光沢のある生地のスーツが、すさまじく似合わないというか、やたら似合っているというかw
で、ガキは座席表にも名前が書いてあったから、れっきとした招待客ではあったんだが、
じっとしているということができないらしく、やたらバタバタとテーブルの間を走り回る。
広くはないわけなので、当然、座っている人や椅子にぶつかっては「痛いな!」と悪態をつく。
それだけならまだしも、食事が出ても走り回るので(家での食事もあんな感じなのかねえ)
ついに「イセエビのなんとか風」っていうソースたっぷりの料理を食している新婦の友人にぶつかった。
その拍子に、その新婦友人は皿を自分のほうにひっくり返して服がソースまみれに。
ホテルの人が来て、ガキを親のところに連れていったんだけど(被害者もどこかに案内されてた)
「はあ?ガキにじっとしてろって言ってもムリ!つれて来ていいって言ったのは妹だし!」と逆切れ。
その間もガキは走り回っていたけど、新婦の伯父さんだったかな、頭を叩いて連れ戻そうとした。
そうしたらガキは、この世の終わりでも来たように泣き叫んで、それでガキ両親が逆上。
「てめえ、うちの子になにするんだ!」「躾ができてないならつれてくるな!」などと怒号の応酬。
新婦の両親がホテルの人となだめて、その場はなんとか収まったんだが、悪夢は始まったばかりだった。
(2につづく)



【不幸というか悲惨な披露宴があった。サムい演出もなく、内容はよかったんだが、新婦の甥(5歳くらい)が1人でぶち壊しにした。】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

633 :愛と死の名無しさん:2006/02/22(水) 15:47:07
新婦4回目の結婚式で、ブーケトスのとき誰も前に出ようとすらしなかった。
司会者さん必死にドゾードゾーといっていたが
幸せになれそうにないブーケなどイラネというふいんきで
申し訳ないが笑いそうになった。

結局新婦友人が前に出たんだっけ?
わすれたけど誰か取ってた。


634 :愛と死の名無しさん:2006/02/22(水) 15:49:47
4回目ってなに!?詳しく!!



【新婦4回目の結婚式で、ブーケトスのとき誰も前に出ようとすらしなかった。】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

620 :愛と死の名無しさん:2006/02/22(水) 04:25:21
数年前、教師をしている従妹が、年下サラリーマンと結婚。
新郎の両親が、自分の招待客のテーブルにお酌に回った時に
「良いお嫁さんを貰われましたな」と言われ、
「先生と呼ばれるほどの馬鹿じゃない、とも言いますから。
これからが苦労ですよ。はっはっはー」
等と返していたらしい。

でもその結婚式の招待客は新郎3に新婦7で、
その発言は、新婦親族のテーブル側だったので、
新郎両親と新婦親族でちょっとした小競り合いがあった。
最終的には新郎側の力のありそうな男性が
「こっちが悪かった」と頭を下げて、一件落着。

それ以来、従妹は夫の両親には会ってないらしい。
夫は今年に入り婿養子になった。
何が彼らを駆り立てたんだろう?



【数年前、教師をしている従妹が、年下サラリーマンと結婚。新郎の両親が、自分の招待客のテーブルにお酌に回った時に……】の続きを読む
アクセスランキング

このページのトップヘ