既婚百科~まとめ~

既婚男性板 家庭板 不倫・浮気板などをまとめています 失恋や出会いなどもまとめてみます

  • HOME
  • ABOUT
  •                            
  • Facebook
  • Twitter
  • RSS
既婚男性 家庭 不倫・浮気などをまとめています 失恋や出会いなどもまとめてみます

上司

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
152 :恋人は名無しさん:2008/03/08(土) 15:06:05 ID:1S5EFKdy0
投下してもいいのかな?

153 :152:2008/03/08(土) 15:10:05 ID:1S5EFKdy0
派手な修羅場もなく、うまく纏められず更にかなり長めですが・・・

主な登場人物
 上司 A部長 50 ♂ 一見真面目そう 小さな会社の島耕作廉価版 
 部下 私男 33 ♂ 既婚者 小心者リアル安部礼司
 部下 B美 28 ♀ 寿退職まで後数日 ほしのあき2級品
 取引先のC子 30後半 ♀ ×1 公営放送女子アナウンサー風
 A部長娘 D穂 23 メンヘラぎみ ドキンちゃん似
 D穂 夫 S郎 25 たぶん常識人

 寿退職することとなったB美から長年お世話になったので明日食事でもしませんかと誘われた。
 それじゃA部長も誘って3人で行こうかと言ったのだが、私男に相談したいこともあるので
出来れば二人でと言うことになり、そのときはマリッジブルーにでもかかったのかなと思っていた。
 料理がメインの和食屋でチョッピリお酒も飲みながら今後の結婚生活などについて話をしていた。
 だんだんB美のお酒のピッチが早くなり、ほろ酔いを通り越した感じになってきたので
タクシーを呼んで返そうとしたのだが、「まだ相談したいことがあるから」と言うので
これが最後の店という約束で私の行きつけのバーに行った。

 B美「私男さんは浮気した事はないんですか?」と酔いに任せて直球で聞いてきた。
 私男「一度もないよ 願望はあったとしても家族のこと考えたら到底できないでしょ 普通」
 B美「男の人ってみんながそうなんですか? 私男さんは女性から迫られても断れるんですか?
    中には家庭が大事って言ってても浮気してる人いますよねぇ。」
 私男「そりゃ世の中にはそういう人もいるだろうけど、多くの人はしないでしょ?
    まぁ僕は気が弱いから浮気はできないな 多分w」
 B美「・・・私でもダメですか?・・・    なんちゃって 冗談ですよw」
と言ってはいるものの体を摺り寄せてきたり、手を触れてきたりかなり怪しい感じになってきたので
このままじゃ拙い事になると思いB美を帰すべく店を出ることにした。

【寿退職することとなったB美から長年お世話になったので明日食事でもしませんかと誘われたのだが・・・】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
635 :名無しさんといつまでも一緒:04/11/30 15:02:48
上司(妻子アリ)と付き合ってます。
今日、上司が更に上の上司から、私と付き合ってるのでは?と聞かれたそうです。

どうやら、私が後輩に意地悪された際に、上司に泣きついた電話を聞いていた人が
私と上司の関係に気がついたみたいです。
上司は、現場を見られたわけじゃないし、
あくまで推測の話なんだから無駄に反応するなって言うけれど、
バレたのが原因で上司の立場が悪くなったり、仕事を首になったら・・・と心配でたまりません。
上司に迷惑がかかる前に、私が辞めたほうがいいのかな?
それともこのまま何もないふりを続けるべき?
なんか胃が痛くて、吐いたら血がダラダラでてきた・・・(つд`)


636 :名無しさんといつまでも一緒:04/11/30 15:11:54
お前は不倫をそのまま続けたいの?

【上司(妻子アリ)と付き合ってます。今日、上司が更に上の上司から、私と付き合ってるのでは?と聞かれたそうです。】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
284 :名無しさんといつまでも一緒:2013/10/22(火) 16:10:49.73 0
相談です


妻が同僚男性から告白され、自分に内緒で二人きりで会っていたことがわかりました。
二回会って食事をし、食事後にはキスをされたそうです。初めは拒否していたけれど
二回目以降はうつむいて顔を向けない程度で、殆どキスを受け入れていたようです。
また、先方の自宅にも入っておりセッ○スを要求されていたこともわかりました。
妻は拒否していたようですが、その後も二人で会う約束をしていたことがわかりました。
また、付き合って欲しいという言葉に対して、妻は今は返事をできない、好きになってき
たかもしれないという言葉を返していたそうです。
自分は許せなくて、二人きりで男性と会うのは浮気になると妻には話しました。100歩譲っ
て会って話すのはともかく車で送ってもらうこと、告白されたあとに二人きりで会おうとす
ることは明確な裏切りだと。
反省して、もうそのようなことはしないと妻は話して反省したようだったので、許すことにし
ました。
【妻が同僚男性から告白され、自分に内緒で二人きりで会っていたことがわかりました。】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
120 :名無しさんといつまでも一緒:2008/08/07(木) 02:27:56 0
あああああああああああああああああ
振るえと吐き気がとまらねー

同棲相手が知り合いと浮気してる

ここで相談していい?

121 :名無しさんといつまでも一緒:2008/08/07(木) 02:28:47 0
>>120
よしこい!

125 :名無しさんといつまでも一緒:2008/08/07(木) 02:49:11 0
外行って吐いてきた

もう4年くらいつきあってる
同棲して3年

あう携帯だから再受信みたらそうだった
女 同じ会社 付き合ってるの内緒

相手 同じ会社 上司

俺今すぐ会社辞めたい

126 : ◆w4xZO3MmYo :2008/08/07(木) 02:51:19 0
あああああああああ


【振るえと吐き気がとまらない。同棲相手が知り合いと浮気してる。】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
【衝撃的事実】妻の携帯を見てみよう40【;y=ー( ゚д゚)・∵.】

728 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/14(水) 13:53:01
うちのアホ嫁は、間男の嫁を見た時、
あまりのデブスぶりに一気に醒めたらしい。
間男は今も精神的にいたぶってるけど、
フラバもあるな。まだ半年なので。

729 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/14(水) 13:58:16
>>728
ではkwsk

【うちのアホ嫁は、間男の嫁を見た時、あまりのデブスぶりに一気に醒めたらしい。】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
妻と初めてした会話 4言目
920 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/01(土) 06:29:15
気が付いたら知らない部屋の布団の中に居た。見知らぬパジャマを着ていた。
頭がガンガンしていた。二日酔いだった。枕元にはタオルと洗面器。
記憶を辿ると職場の忘年会、大卒新人だった俺はかなり飲まされていた。
途中から自棄になり自分から浴びるように飲んだ筈、その後が不明。

静かに戸が開き、見知らぬ女が入ってきた。
よく言えば端正で清楚な容姿、悪く言えば特徴のない地味女、それが嫁だった。
厚手のトレーナーにジーパン、上からエプロンを着ていた。

嫁「あ、ごめんなさい、起こしちゃいました?」
何となく自信なさ気の声色、不安そうな笑顔。
誰だ、この女は?状況からすればこの女の部屋に転がり込んだのだろう。
俺は昨夜この女に何をしたんだ?俺の趣味じゃないだろ?
誤魔化して逃げた方がよくねぇ?待て、やったのならもう一度やろうぜ?
脳内会議が紛糾した。

【新人だった俺は忘年会でかなり飲まされ気が付いたら知らない部屋で見知らぬパジャマを着て布団の中にいた。【馴れ初め】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
◇修羅場◇part31
111 :恋人は名無しさん:2006/08/16(水) 23:02:22
数年前の修羅場

俺26歳。彼女27歳。
彼女は九州から一人で、親戚のおばさんのとこに居候してて、昼は、スーパー、夜は、そのおばさんがやってるカラオケスナックで働いてました。

親が病弱で、3人の弟に仕送りするため、カラオケスナックの客と同伴、アフターよのようなことをして、必死に働いてました。
この時は、決してやましいことはありませんでし、俺も彼女のことを信頼してました。



【彼女は弟に仕送りするため夜は親戚のおばさんのカラオケスナックで働いて同伴やアフターのようなことをして・・・】の続きを読む
アクセスランキング

このページのトップヘ