既婚百科~まとめ~

既婚男性板 家庭板 不倫・浮気板などをまとめています 失恋や出会いなどもまとめてみます

  • HOME
  • ABOUT
  •                            
  • Facebook
  • Twitter
  • RSS
既婚男性 家庭 不倫・浮気などをまとめています 失恋や出会いなどもまとめてみます

武勇伝

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

330 :おさかなくわえた名無しさん:03/07/30 12:12 ID:bal/7MVi
漏れの友人の話。
友人の家の前の道には、しょっちゅう珍走が来てたらしい。
そして、夜な夜な爆音たてて蛇行運転してたらしい。
ある日、友人が灯油を運んでいる途中で、その道でうっかり手を滑らせて、
灯油をぶちまけてしまったらしい。
それから数時間後・・・
珍走キタ━━(゜∀゜)━━!!
しかし、ガシャーンという派手な衝突音。
普通に走る分には問題ないものの、ヤツらは蛇行運転してて見事にスリップ。
DQSバイクは電柱に激突、
しかも仲間を後続のバイクが轢いてしまうありさま。
警察が来たときにその友人にも警察が目撃してないか聞きにきたらしい。
警察はどうも灯油が撒かれてたみたいなんだけどとか言ってたんで、友人は、
「言われてみれば灯油腐ったなぁ・・・。
でもオレはその上をついさっき自転車で走ったけど、
別に問題なかったですよ。ただ臭いだけで。
それにヤツらはいつもそこを蛇行運転してますから。
普通に走る分には問題ないから、ヤツら自業自得ですね。」
と言ったらしい。
友人はこのことを漏れに話したとき、
「ついでにヤツらがあぼ~んしてくれたらよかったのに・・・」と言ってた。
それはマズいぞ。あぼ~んしたら警察も本腰入れて捜査してくるから、
下手すりゃタイーホだぞ。



【友人の家の前の道には、しょっちゅう珍走が来てたらしい。そして、夜な夜な爆音たてて蛇行運転して……】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

553 :おさかなくわえた名無しさん:03/08/03 22:41 ID:PV6sWBE6
もう10年以上前、小学生の頃の話。
クラスに1人はいる「言うこと聞かない君」がいた。
私はいわゆる良い子チャンだったので(今思うとちょっと恥ずかしいけど)
彼を何とか掃除に参加させようと説得していた。

座りこんで意地でもこっちを向かない彼の横で、
私は横にしゃがみこんでガミガミ言っていた。
その状態でしばらくして、足が痺れてきたのでちょっと立ち上がった瞬間、
彼が回し蹴りをかましてきた。
紙一重で私がかわしたのを見て、周りにどよめきが起こった。
彼も敵わないと思ったのか、しぶしぶ雑巾がけを始めた。

(ただのラッキーだったんだけどなー)と思いつつ、ちょっとイイ気分でした。
その後周りから、ケンカが出来るとか思われたのは、少し困りましたが(ニガワラ



【もう10年以上前、小学生の頃の話。クラスに1人はいる「言うこと聞かない君」がいた。】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

514 :おさかなくわえた名無しさん:03/08/03 10:13 ID:WORi6Rsi
もう8年位前の出来事です。
内の街で花火大会があり、仲間内でござをひいて楽しんでいました。
近所に住んでいる子で、来るかどうか悩んでいる子がいたので
「おいでよ」というために電話をしました。
まだ今ほど携帯が普及していない頃で、私も並んで公衆電話を使いました。
…私が使いは始めた直後、ギャル2人組みが並び始めたいした時間も経っていないのに
「長い」「ムカツク」だの文句を言い出しました。声のせいで電話の会話が聞こえ難かったので
思わず自然に内側から「うるさい!」といわんばかりにガラスを叩いたら
ギャル2匹がヒートアップ!


【花火大会があり、仲間内でござをひいて楽しんでいました。まだ今ほど携帯が普及していない頃で……】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

753 :おさかなくわえた名無しさん:03/08/12 03:16 ID:pOrND2Xx
電車での出来事。

帰りの時間帯で割りと込み始めているのに、
床に座り込む金髪のDQNがいた。
それも入り口付近でこの上なく乗降する人の邪魔になっている。
しかし、一向に立とうとする気配がない。
ある駅についたとき、20代後半くらいの
どうみても普通のリーマンが乗ってくる際に、
DQNの足を蹴ってしまった。
状況的には明らかにDQNが悪い。
「だこら?」とDQN、リーマンに絡む。
ネクタイつかんでグダグダ文句つけ始めた。
リーマン「座ってると邪魔だし、蹴ったのは悪かったがキミも悪いよね?」
DQNはまだわけのわからない因縁をつけている。
ネクタイをつかむ手を上に引っ張りあげた瞬間、



【電車での出来事。帰りの時間帯で割りと込み始めているのに、床に座り込む金髪のDQNがいた。】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


42 :おさかなくわえた名無しさん:03/07/22 18:21 ID:enR01XAs
私のクラスに突然クラスがえを機にいじめられ始めた女子がいた。
しかもそのクラスのスケ番みたいな2人から。
ある日もごみを投げつけられ「ばい菌」など言われているところに
突然隣のクラスの平凡な女子が1名入ってきて「なんでいじめるの?
この子をいじめるなら私をかわりにいじめて。」と言ったら
「は?なんでお前が関係有るんだよ!」ってスケ番が殴りにかかった。
しかも2人で、でもその平凡な女子はなんと反対に2人をなぎ倒してしまった。
当然、後日スケ番の彼氏(2年上の人)が平凡な女子にお返しにきた。
でもスケ番の彼氏は彼女の顔を見てしばらくしたら退散してしまった。
後で真相を聞くと、平凡な彼女のお兄さんはえらくけんかの強い人で
彼女は小さい頃から兄にいじめられてけんかに強くなったらしい。
彼女は兄に瓜二つのためスケ番の彼は気付いたんじゃない?(予測だけど)
いじめられていた彼女とはクラスは違うが近所で小さい頃から特に仲良くは無いが
一緒に登下校の班にいたりしてほおって置けなかったという。
私ははたから見てるだけだったけど本当に陰湿なイジメをしていたので
スッキリした。長文スマソ、当然イジメはなくなった。・・が平凡な彼女への
目も少し変わった人もいたようでした。気の毒に。










【突然隣のクラスの平凡な女子が1名入ってきて「なんでいじめるの?この子をいじめるなら私をかわりにいじめて。」と言ったら……】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

48 :おさかなくわえた名無しさん:03/07/22 20:26 ID:Q7a2xJHb
うちの母の話ですが
私の叔父は元ヤクザの組に出入りしていたのですが、跡取りがいない為
組が潰れたのをきっかけに足を洗い東京に出てしまいました。
それからしばらくして、叔父の子分から家に一本の電話が・・
子分「兄貴の居場所を教えてくれ」
母 「ちょっとわからないんですが・・」
母が嫁に来たばかりの頃で本当に居場所を知らなかったらしい。こんな押し問答
が続いた後相手が切れてしまい、すごい迫力で怒鳴って来たのです。
子分「教えろって言ったら教えろ!このアマ!ふざけてるとただじゃおかねえからな!」
母 「知らないもんは知らないんだよ!ただじゃおかなかったらどうするんだゴルァ!!
やってみせてもらおうじゃないか!」
子分「何を!今から手前の家に行くからな。その時になって泣くなよ!」
母 「おう!待ってるからすぐ来い!お前だってただじゃ帰さないからな!」
子分「びびって逃げるんじゃねえぞ!」
母 「お前なんかにびびっててどうすんだ!ガタガタ言ってる暇に来い!」
子分「・・・・・何て気が強い女だ!どこから嫁に来た?」
母 「○○からだ。それがどうした!」
子分「・・・○○の女は気が強くて困る!!」ガチャン!と電話は切れて
子分は来なかったそうです。



【私の叔父は元ヤクザの組に出入りしていたのですが、組が潰れたのをきっかけに足を洗い東京に出てしまいました。】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

524 :おさかなくわえた名無しさん:03/08/03 12:09 ID:n8vSv7yJ
ちょっと長いのですが。2回に分けて。

高校生の時の話。
少ない小遣いを貯めて、友人と一緒に電車に乗り、
ちょっと遠くまで買い物に出かけた。
かなり空いていたので、4人がけの席に二人で座って話していた。

「前はアホみたいにお小遣い使っちゃったから、
今回はお金、少なめに持ってきたよー」
と友人と話したところ、通路を挟んで隣の座席のオバサンが
「アホだと!?私がアホだと言ったな!この糞ガキ!アホ女!」
と突然叫びだした。
オバサンの存在は知らなかったし、急に会話に割り込んできたので、
友人と二人で「はぁ?」と顔を見合わせてしまった。

関わらないようにしよう…と小さく言い合って黙っていたら、
オバサンは私に向かってますます罵倒を始める。
「アホって言ったな!言ったな!アホって言う方がアホなんだ!」
「初対面の人間に向かって、アホだなんて失礼すぎるわ!」
「最近の子どもはいつもそう、私のことをアホって言うのよ!」

オバサンの隣に座っている、母親らしきバアサンは
「まぁまぁ…」とオバサンに言うだけ。
オバサンは止まらず、ずーっと罵倒され続けて私の何かがブチンと切れた。



【高校生の時の話。少ない小遣いを貯めて、友人と一緒に電車に乗り、ちょっと遠くまで買い物に出かけた。】の続きを読む
アクセスランキング

このページのトップヘ