既婚百科~まとめ~

既婚男性板 家庭板 不倫・浮気板などをまとめています 失恋や出会いなどもまとめてみます

  • HOME
  • ABOUT
  •                            
  • Facebook
  • Twitter
  • RSS
既婚男性 家庭 不倫・浮気などをまとめています 失恋や出会いなどもまとめてみます

謝罪

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
897 :名無しさんといつまでも一緒:2011/06/16(木) 14:04:16.56 0
ふと思った。
もし旦那から謝罪でなく離婚を切り出されてたら、
むしろその方が気持ちの整理を付けるのにラクだったんじゃないかな、って。
勿論時間薬は長大に必要だけど、自分の中の「浮気されてたのに離婚できない自分」
ってのには苦しまずに済んだのかな、と。皆さんどう思う?

【もし旦那から謝罪でなく離婚を切り出されてたら、気持ちの整理を付けるのにラクだったんじゃないかな、って。】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
850 :名無しさんといつまでも一緒:2009/10/12(月) 11:28:23 O
さきほど修羅場終了しました。まだ興奮中。。

私は独身、彼は既だったんだけど
半年間既だと知らずに付き合ってました。
普通に泊まりも平気だったから気づかなかった…。

昨日、彼が一人暮らししてるというアパートに遊びに行きました。

初めて家にあがれる!とウキウキだった私。


広いマンションで、仕事場?みたいなとこに通されました。

キッチンのほうは、汚いから今日はダメと言われて素直に従ってしまった…



851 :名無しさんといつまでも一緒:2009/10/12(月) 11:32:58 O
2時間くらい、話してたと思います。
床に寝っ転がってまったりとしていたら、ドアがいきなり開いて、
びっくりして見ると彼の奥さんが立ってました。

「なにやってるのよ!!」

って怒鳴られましたが、私は奥さんだと思わないから

え?お姉さん??
ふたまた??

と頭がはてなでいっぱいに…。


よくわからないから、正座して
「す、すいません…」
って謝って、彼を見たら土下座して
「ごめんなさい!!!」
って奥さんに謝ってました…。

【私は独身、彼は既だったんだけど半年間既だと知らずに付き合ってました。泊まりも平気だったから気づかなかった・・・】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1 :会社員26歳 女 未婚:04/05/04 12:16
まじめな相談です。
祝日という事で弁護士・役所等に相談できず、こちらに来ました。

先週末に、学生時代の恋人と約一年ぶりに再会し、関係を持ってしまいました。
彼とは、彼の結婚を機に別れて欲しいと言われ、なくなく私は身を引き、その後1年間一度も会った事はありません。

たった一度の浮気なのですが、彼の奥さんにばれてしまい、私はその奥さんから謝罪・慰謝料を求められています。
慰謝料については精一杯お支払いするつもりでいるのですが、問題は謝罪についてです。
家庭を崩壊させたという理由で、私の実家で私の両親を含めて謝罪しろと要求されています。
私は成人していますし、この件については私個人の問題であるので、私の家族を巻き沿いにするつもりはないとお答えしたのですが、
今日明日にでも私の実家に乗り込んでくるような勢いで、怖くて落ち着かず眠れずに過ごしています。

当事者である彼は私に対し、妻の気の済むよう妻の言い分に従ってくれと私に要求してきます。
私はどうすればこの騒動から家族を守れるのでしょうか。

事由が個人の浮気についてなので、警察にも相談できず悩んでいます。



3 :名無しさんといつまでも一緒:04/05/04 12:22
要約してくれ

4 :名無しさんといつまでも一緒:04/05/04 12:24
男版美人局?


7 :名無しさんといつまでも一緒:04/05/04 12:25
>>1
再開の状況を書いてくれ。



10 :名無しさんといつまでも一緒:04/05/04 12:28
いざとなれば開き直っては・・・
彼自身、貴女を抱いたわけだし・・・

11 :名無しさんといつまでも一緒:04/05/04 12:29
>>1
ばれた状況は?

12 :名無しさんといつまでも一緒:04/05/04 12:34
>>1
奥さん相手に認めたの?
彼は相手があなただったって言う証拠を握られてるの?
それがないなら、ばっくれたら?


13 :会社員26歳 女 未婚:04/05/04 12:34
>>7
彼が結婚後は少し離れた所に住んでいます。その日は彼がわざわざ私の家の近くまで来ていました。
終電を逃してしまい、仕方なく家に泊めてしまいました。
その日はかなり飲んでおり、情けないですが私は殆ど記憶がありません。

15 :名無しさんといつまでも一緒:04/05/04 12:36
>>13
どこで飲んだの?

16 :会社員26歳 女 未婚:04/05/04 12:38
>>11
全くわかりません。
彼と共通の知り合いなどが少なかったので、私はその日彼と会う事も会った事も、
誰にも話していません。
一週間たって、奥さんから突然電話がありました。

17 :名無しさんといつまでも一緒:04/05/04 12:40
>1
向こうが民事ならこちらは刑事で訴えますと言ったら?

18 :会社員26歳 女 未婚:04/05/04 12:41
>>12
私はそのときのことをはっきり覚えていません、と言いました。
奥さんは彼の自白を信じています。

19 :会社員26歳 女 未婚:04/05/04 12:43
>>13
私の家から近い繁華街の飲み屋さんです。

20 :名無しさんといつまでも一緒:04/05/04 13:28
学生時代に恋人同士だった事、奥は知ってるの?

21 :会社員26歳 女 未婚:04/05/04 14:04
>>20
おそらく知らないと思います。
結婚する事を彼に聞いた時、私はそれまでその結婚の事実を隠していた彼に憤りを感じましたが、
それは奥さんには関係のない事だと割り切って、何も語らず身を引きました。

22 :名無しさんといつまでも一緒:04/05/04 22:26
>>1
覚えてない、自白だけ…なら、ばっくれるこったね。
絶対認めない。これっきゃない!!
奥さんのためにも、絶対認めないこと。


23 :名無しさんといつまでも一緒:04/05/04 22:35
あなた甘いよ
男が自白したからって認める必要はない!
それに妻の言い分に従ってくれだなんて
そいつに慰謝料払わせろ!
こっちは絶対払う必要ないからね
あなたも言いなりにならないの!!!


24 :名無しさんといつまでも一緒:04/05/04 22:38
>>23
>そいつに慰謝料払わせろ!
それはいくらなんでも無理なんでない?w


25 :名無しさんといつまでも一緒:04/05/04 22:39
だめだった?
プラマイゼロかな~って

27 :名無しさんといつまでも一緒:04/05/04 22:49
親に相談してみれば?
味方になってくれるのわ
やっぱり家族なんじゃない?

28 :名無しさんといつまでも一緒:04/05/04 22:55
私にも似たような経験がある。
怒り狂った奥から電話があった。でもばっくれたけどね。それは、向こうの
家庭の為、私がバカみてもいいか・・・と思って
「誤解を招くような言動があったことはお詫びいたします。でも、関係はありません」
と言っておいた。
私がここでバカをみるという表現を使ったのは、その鬼彼との関係は約半年前
の出来事で、何回かしか関係していないから。
回数の問題ではなく、きっとその鬼彼が他の女と関係があって、それで証拠を探した
ところ、私の名前が挙がってきたのではないかと思った。
そのあなたの鬼彼も、本当は他に女がいて、それがばれたくなくってあなたを
犠牲にした可能性が無きにしも非ず。
大人の女性として奥と向き合うのなら、損ばかりすることを考えずに、一番
自分が損をしない事を考えるのも一つの方法ではないでしょうか?

29 :名無しさんといつまでも一緒:04/05/04 22:59
>>28に禿同!!!
私も同じような経験があり28さんと同様、
「確かに恋心はありましたが、彼から奥様一筋だからと断られました
誤解を招くようなメールをして申し訳ありません」と言って済みました
ただ私の場合はその後も彼と関係が続いており・・・


30 :会社員26歳 女 未婚:04/05/05 00:12
ありがとうございます。少し落ち着いて来ました。
週末に先方が私の実家に来る事になりました。奥さんの感情をとめられませんでした。
>>28さんの指摘にある通りかもしれません。
やはり一人で抱え込まず、休みが明けたらすぐに弁護士事務所に行き相談します。



31 :たくぞー:04/05/05 00:16
ホントに1回だけだったら、謝罪も慰謝料も要らないよw
裁判やっても大丈夫。


32 :名無しさんといつまでも一緒:04/05/05 00:16
そうなの?何故知ってるのだ?w

33 :たくぞー:04/05/05 00:19
>>32
PCできるんなら、検索しなさい!!
「不貞行為 慰謝料」とかでw

事例がくさるほどあるから

34 :名無しさんといつまでも一緒:04/05/05 00:22
>>33
きゃ。たくぞーに怒られたー☆
ははは~、なんか嬉しいw

35 :会社員26歳 女 未婚:04/05/05 00:23
>>31
私もネットや法律に詳しい知人などに聞いてまわったのですが、
今回の件に関しては、示談した場合は慰謝料数十万円程度(10万位かもしれない)、裁判をおこされた場合には、
先方はかなりの確率で慰謝料請求できない、との事でした。


37 :名無しさんといつまでも一緒:04/05/05 00:26
そこまでわかってるなら何で慌てふためいてスレ立てるかな?
堂々と否定すればいいと思うよ。
それが彼嫁の為にも一番! サレの私が言うんだから間違いないw

38 :たくぞー:04/05/05 00:28
>>34 怒ってないぞ」w ちゅっ

>>26歳 女

不倫による慰謝料請求は不貞行為の事実があったかどうかが判断材料。
不貞行為とは肉体関係の継続が条件。
1回のセクスは不貞行為ではありません。

ですので、彼奥は慰謝料を請求できる権利はないのです。

一番いい方法は・・・・
「オタクの旦那が手出してきたんです」
では?

39 :名無しさんといつまでも一緒:04/05/05 00:36
まだ起きていますか?

早く弁護士に相談した方がいいですよ。
あまりこういうことは言いたくないですが、もしかすると
相手の男(元彼)と女(その妻)でグルになり、あなたからお金を巻き上げようとしている
可能性もあると思われますから。
話がうまく出来過ぎているように思います。
もしかするとあなたのご実家、わりと大きなお家なのではないでしょうか?

40 :39:04/05/05 00:43
もしも相手がご実家に押し掛けてきた場合、その女が無理矢理にご実家に入れば、
住居侵入罪(刑法130条)です。3年以下の懲役又は10万円以下の罰金。
さらに、正規な手続き(裁判や示談など)を経ずに慰謝料を要求してきた場合は、
場合によっては恐喝罪(刑法249条)です。こちらは10年以下の懲役。

今日明日に、押し掛けてきて謝罪要求をされた場合は、警察に通報された方が
よいと思われます。

いずれにせよ、あなたが堪え忍ぶべき事柄ではないように思います。
あなたの書き込みから判断して、相手の行為が刑法犯を構成する可能性があります。


41 :会社員26歳 女 未婚:04/05/05 19:33
沢山の書込み、本当に感謝しています。
本当に狂ってしまいそうでしたが、今は平静を取り戻しつつあります。

謝罪の件は、先方の意思を呑むことになりました。
慰謝料の件は、私から奥さんに慰謝料を支払い、その同額を私が彼に対して請求するという事で、
折り合いがつきそうです。

掲示板のありがたさが身にしみました。
皆様、ありがとうございました。



42 :名無しさんといつまでも一緒:04/05/05 19:50
>41
>慰謝料の件は、私から奥さんに慰謝料を支払い、その同額を私が彼に対して請求するという事で、

え?それで奥は納得したのですか?てか終了か?


 
44 :会社員26歳 女 未婚:04/05/05 19:57
>42さん

奥さんはこの事を知りません。
彼は離婚することになりました。
彼の両親と話し合い、奥さんの気の済むよう慰謝料は私から払った事にし、
その同額を彼が私に支払う事になりました。
彼の事は心底信じられませんので、この後のやり取りは弁護士さんを通すか
もしくは会話をすべて録音しておくようにします。

終了お願いします。



51 :名無しさんといつまでも一緒:04/05/06 08:54
ん~なんていうかな、ここの1サソに対して励ましレスが
結構ついてたのには驚いた。
サレたほうが逆上したのは、旦那タソのこと信じてたのに
裏切られたからなんじゃないの?
美人局?とかいう憶測も出てきたけど、男も結局のところ
我に帰ってすっかり奥側に寝返っちゃったような
奥のあまりの怒り様に「もう気の済むまでやってくれ」ってな
感じだったかと(これも憶測に過ぎぬが)。

でもさー、この男はプリンからも奥からもすっかり信用失って
情けないね。1の支払うべき慰謝料を肩代わりするってホントに?
男だって奥に慰謝料払わなくちゃならんでしょ?
なーんかすっきりしない結末~。

52 :名無しさんといつまでも一緒:04/05/07 13:18
>>51
だって、おおよそスッキリしない男なんだもん。自業自得でしょう。
大体、浮気しておいて、奥のいうことに従えって浮気相手に頼む男って
どうよw
クズ以下じゃん?



http://love3.2ch.sc/test/read.cgi/furin/1083640599/

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
424 :名無しさん@HOME:2007/05/08(火) 01:34:57
旦那が出張でウトとふたりで夕飯食べてるときのこと。
つわりでしんどいわたしの前でメシ時に平気でたばこを吸っているウト(トメは既にシボンヌ)に
「すみませんが、気分悪いのでたばこやめてもらえます?」
というと、ウトはにやにやしながら、わざとこちらに煙をふきかけてきた。

頭に来たので、「気分悪いつってんだろうがぁ!聞こえないのかぁ!この馬鹿者がぁ!」と
ちゃぶ台をウトの側にひっくりかえして差し上げた。
食事はあらかた終わっていたのでウトがかぶったのはぬるい茶とたばこの灰くらいのもの。
たたみの上に転がって茶碗も割れなかったが、気分は爽快だった。

「妊婦にけむり吸わすんじゃねえゴラ。あんたは未来の孫の健康より目先の快楽の方が大事なんか?
そうだというならいつでもこんな家出て行ってやる!」と啖呵部屋に籠もった。
その後ウトは無言でたばこを消して、転がった茶碗をひとりで黙々と片付けたらしい。
翌朝見ると、なんと洗い物までしてあった。

実力行使以降わたしの目の前でこれみよがしにたばこをすうことはなくなったが、謝罪の言葉はない。
ごめんなさい言うまではなかったことにするつもりはないので、口をきいてやらない。

【「すみませんが、気分悪いのでたばこやめてもらえます?」というと、ウトはにやにやしながら、妊婦の私に煙をふきかけてきた。】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
【逃げられ】既男板の898が一人で踊るスレ【寸前】
928 :はじめまして名無しさん:04/12/24 23:37:59 ID:???
プチ地雷踏んだ…
これから嫁に謝ってくるorz

929 :928:04/12/24 23:39:12 ID:???
スレ間違えたしil||li _| ̄|○il||li

逝って来る


【初めまして】沈没既男が独りで踊るスレ【泥船です】

56 :前スレ928:04/12/25 11:14:52 ID:???
プチ地雷踏んだ。
嫁さんに謝らなきゃと思ってたんだけど、なんか
そこまで怒るなよーとか色々考えてたら、謝るタイミング
逃して現在に至るorz
必要最低限しか口きいてくれん…

【プチ地雷を踏んで嫁さんに謝らなきゃと思ってたんだけどタイミングを逃して、必要最低限しか口をきいてくれない。】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
【宣戦】義実家にしたスカッとするDQ返し7【布告】
615 :名無しさん@HOME:2007/03/28(水) 22:35:29
初孫フィーバーして距離なしになり毎日アポなし凸していたトメ
産後3ヶ月を過ぎたあたりで世間では『出産で妊婦が亡くなった』という話題が持ち上がってた
その話を知ったトメから
「あんたも出産で死んじゃえばよかったのに~
そしたら世間の目を気にせず堂々と孫ちゃん私が引きとれるのにさ~ニヤリw」
と言われ絶縁してた(子供にも会わせなかった)
しかし最近になりトメが謝りたいと言い出し
旦那立会いのもと仕方なく謝りの言葉を 聞 い て あ げ て
今日絶縁以来始めてトメ宅に子供連れて 行 っ て あ げ た

【「あんたも出産で死んじゃえばよかったのに」と言われトメと絶縁していた。最近になり謝りたいと・・・】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
胸がスーッとする武勇伝を聞かせてください!
682 :コピペです:03/05/20 00:02 ID:Nd4xZbnM
中学の頃、近くのホームセンターで万引きを疑われ、
荷物を空けさせられた。
店員曰く
「あ、盗ってないなら行っていいよ、もう疑われるような事しないでね」
すんげぇ腹立ったが、口下手内気なぼくは言い返せなかった。
黙って顔赤くして、そこから去るわけでもなく立ってた。
一部始終を見てた20代後半くらいのあんちゃんが
「おい、オマエ一言謝るのがスジだろうが!」
と突然キレた。
店員「アナタは関係ないでしょ」
あんちゃん「うるせぇバカ!この世にオレに関係ない事なんてねぇんだよ!」
と怒鳴ってた。この一言に感動した。
すんげぇカッコよかった。
未だにぼくのポリシー。
最終的にはイヤ面ながらも店員がぼくに謝った。
【万引きを疑われ荷物を調べられた挙句「もう疑われるような事しないでね」と店員に言われ言い返せないでいると・・・】の続きを読む
アクセスランキング

このページのトップヘ